なぜ公認会計士を目指すのか


公認会計士の資格は国家試験の中でも難易度が高く、受からないのが当然と言われるくらい難しいです。しかし、それでも公認会計士になりたいと日々勉強している人たちはたくさんいます。中にはなぜ、これほど難しい資格を取得したいと思うのか分からないと思っている人もいるでしょう。これほどまでに多くの人が目指している理由としては様々な魅力があるからです。どんな魅力があるのかについて説明します。

まず1つ目の魅力は現在の日本の経済社会を肌で感じることができる点です。公認会計士は監査業務などを行うことができ、企業を直接訪問してオフィスの雰囲気や事業内容を直接見ることができます。色々な調査をすることができるので、その企業がどんな経営状態なのかを知ることができます。日本の経済社会の今を肌で感じられる仕事になるので魅力的です。

また、2つ目は安定した仕事だという魅力があります。公認会計士は簡単になれる仕事ではありませんが、なくなる仕事でもありません。将来的に不要となる仕事ではないので、長い間不安な気持ちを持たずに働くことができます。また、収入面でも安定しているので、生活が苦しくなることも少ないでしょう。こういった魅力があるため、多くの人が公認会計士を目指しています。